MENU

見る・遊ぶ・体験する

安城市
関連キーワード :
博物館・美術館・科学館

安城市民ギャラリー
(あんじょうしみんぎゃらりー)

Google Mapsで ここへ行く

Myたびノートに追加する

Myたびノートを見る

※各種イベントにおいて、内容の変更や中止・延期される可能性がございます。
最新の情報を公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
  • 安城市民ギャラリー
  • 安城市民ギャラリー
  • 安城市民ギャラリー

年3~4回程度の企画展のほか、美術に関する表現の発表の場として、個人、グループ、団体など安城市内・市外問わずご利用いただくことができます。

__展覧会情報__

企画展「ひとつといくつかの語り」
2023年12月16日(土)~2024年1月21日(日)

企画展「ひとつといくつかの語り」

安城市若手芸術家応援プログラムvol.4 永田康祐
第4回目となる安城市若手芸術家応援プログラムでは、安城市出身のアーティスト永田康祐による個展「ひとつといくつかの語り」を開催します。
永田の作品の多くは彼自身が書いたエッセイをもとに作られており、エッセイの朗読と、それに関連した映像で構成されています。
そこでは、作品の見た目よりも、作品を通して観客と作家が一緒に考えることに重きが置かれており、日常的かつ説明的・対話的な表現方法が用いられています。
永田にとって地元愛知県ではじめての個展となるこの展覧会では、「あいちトリエンナーレ2019:情の時代」で発表された映像作品《Translation Zone》を中心に、その要約版である《Digest》や、日本語吹替版の新作などを展示します。加えて今回の展覧会では、永田が作品制作時に参照した書籍が自由に閲覧できる移動図書館を展示室に出現させます。
現代アートは難しい、どうやって鑑賞してよいか分からないといった印象をお持ちの方も、作品を見るだけでなく、腰を落ち着かせて関連書や図録を読んだり、考えごとができるリラックスした空間の中で、じっくりと作品をお楽しみください。

【永田康祐プロフィール】
1990年に愛知県安城市に生まれ、現在は神奈川県横浜市を拠点に活動。
桜町小学校、安城南中学校、刈谷高等学校を卒業後、大学で建築を専攻し、大学職員として働いた後、大学院に進学して写真と映像を学ぶ。近年では、さまざまな国の食文化や習慣、調理技術に関心をもち、食にかかわる映像作品やイベントを手掛けている。

【安城市若手芸術家応援プログラムとは?】
安城市にゆかりのある若手芸術家とその作品を多くの市民の皆様に知っていただく機会を設けることで、その活動を応援しようという企画です。

[観覧料]無料

関連イベント
◆ギャラリートーク
展示室内で作家本人による作品の解説をおこないます。申込不要です。
【開催日時】12月17日(日) 13:30~
【場所】市民ギャラリー展示室DE
【講師】永田康祐氏
【対象】どなたでも
【参加費】無料

◆ワークショップ「みんなで話しながら作品を鑑賞しよう!」
ファシリテーターの案内で作品を観て感じたことを話し合いながら鑑賞を楽しむ「対話型作品鑑賞ワークショップ」をおこないます。
<<ファシリテーター:蔵多優美氏(デザイナー/コーディネーター)>>
【開催日時】1月14日(日) ①10:30~ ②13:30~
【場所】市民ギャラリー展示室DE
【定員】8名
【対象】小学校高学年以上
【参加費】無料
【申込締切】1月7日(日)
【ワークショップ申込方法】
はがきかFAX、またはメールフォームから ①講座名 ②希望日時 ③参加人数 ④参加者全員の住所・氏名・電話番号を記入し、安城市民ギャラリーへお申込み下さい。
※ 申込みが定員を超えた場合は抽選(市内在住・在勤・在学者を優先)となります。市外在住者で安城市内在勤、在学の方は勤務先、学校名を記入してください。
※ 抽選結果は申込締め切り後、郵送にてご連絡いたします。

企画展「ひとつといくつかの語り」チラシ (PDFファイル:397.35KB)

開館20周年記念特別展「大正イマジュリィの世界」
2024年1月27日(土)~2月25日(日)

開館20周年記念特別展「大正イマジュリィの世界」

令和5年に開館20周年を迎える市民ギャラリーは、開館当初より「版画」を施設の特色として作品収集、教育普及活動をすすめてきました。版画制作に必要な設備を揃え、講座では多くの受講生が版画に親しんできました。
そんな市民ギャラリーが開館20周年の記念にお届けするのは、主に大正時代、多くの印刷物に描かれてきた挿絵や本の装幀などのデザインを紹介する「大正イマジュリィの世界」です。イマジュリィ“imagerie”とは、イメージ図像を表すフランス語であり、本の装幀や挿絵、ポスター、絵葉書、広告、写真など大衆的な複製図像を表します。木版画による浮世絵や瓦版などを発行していた江戸時代から、石版画(リトグラフ)を使いポスターを制作していた明治時代と、印刷技術の発展が進み、多くのイマジュリィが生み出されました。その表紙絵や挿絵を担当したのは、ヨーロッパからの新しい技法や装飾様式の導入により多様な表現方法を模索していた画家たちでした。竹久夢二や岸田劉生、杉浦非水や小林かいちなどが手掛けた新しくも抒情的な、魅惑のデザインを展示します。
他にも、日本デンマークと称され、農業先進地として花開いた大正期安城のイマジュリィや安城ゆかりの現代の作家の作品も紹介します。ぜひご堪能ください。

[観覧料]
500円(中学生以下無料)

開館20周年記念特別展「大正イマジュリィの世界」

関連イベント
◆記念講演会「大正イマジュリィあれこれ」
【開催日時】1月27日(土) 10:30~12:00
【場所】歴史博物館講座室
【定員】30名
【対象】中学生以上
【講師】山田俊幸氏(本展監修者・元帝塚山学院大学教授)
【参加費】無料
【申込締切】1月12日(金)

◆コンサート「ギャラリーコンサート」
【開催日時】1月27日(土) 14:00~
【場所】市民ギャラリーエントランス
【対象】どなたでも
【出演】安城学園高校箏曲部
【参加費】無料

◆ワークショップ「消しゴムはんこでひな飾りを作ろう」
【開催日時】2月4日(日) 13:30~15:30
【場所】創作実習室
【定員】24名
【対象】小学4年生以上
【講師】うえむらゆみこ氏(消しゴムはんこ作家)
【参加費】600円
【申込締切】1月19日(金)
◆ワークショップ「消しゴムはんこで重ね捺しに挑戦」
【開催日時】2月17日(土) 9:30~11:30
【場所】創作実習室
【定員】24名
【対象】小学4年生以上
【講師】うえむらゆみこ氏(消しゴムはんこ作家)
【参加費】600円
【申込締切】2月2日(金)

◆ワークショップ「ペーパーステンドグラス風ポストカード作り」
【開催日時】1月27日(土)~2月25日(日) 9:00~16:00 ※ 1月27日は開会式のため10:00~
【場所】市民ギャラリーエントランス
【対象】どなたでも
【参加費】100円
【申込】当日受付

<申込方法>
はがきかFAX、またはメールフォームから ①講座名 ②希望日時 ③参加人数 ④参加者全員の住所・氏名・電話番号を記入し、安城市民ギャラリーへお申込み下さい。
※ 申込みが定員を超えた場合は抽選(市内在住・在勤・在学者を優先)となります。市外在住者で安城市内在勤、在学の方は勤務先、学校名を記入してください。
※ 抽選結果は申込締め切り後、郵送にてご連絡いたします。

開館20周年記念特別展 「大正イマジュリィの世界」チラシ (PDFファイル:1.46MB)

安城市歴史博物館の情報はこちら
>>「安城市歴史博物館」西三河ぐるっとナビスポット情報

概要

所在地
〒446-0026
安城市安城町城堀30番地(安祥文化のさと内)
料金
企画展により異なる
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
電話番号
0566-77-6853
駐車場
無料(普通自動車250台、バス3台、障がい者用2台)
トイレ
有り
定休日
毎週月曜日(祝日の場合は開館)
年末年始
関連リンク
安城市歴史博物館・安城市民ギャラリー公式サイト
  • 多目的トイレ
  • 駐車場
  • 飲食店
  • バスのりば
  • Wi-Fi

アクセスMAPを開く

アクセス・MAP

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

アクセス方法

  • 電車

    電車でのアクセス

    ◎名鉄西尾線「南安城」駅下車、東へ徒歩約10分
    ◎JR東海道線「安城」駅より、あんくるバス(1番系統安祥線)川島行きに乗車し「歴史博物館前」下車すぐ

  • 車

    車でのアクセス

    ◎JR「安城」駅より、東に向かい車で約5分。「安城町清水」の交差点を通り過ぎ、右側に歴史博物館

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

周辺情報

こんなスポットもおすすめです